最新療法で骨肉腫根治確率が上昇!

根治確率を上げる

病院

免疫療法と組み合わせ

骨肉腫の治療で効果があるのは、化学療法と外科的な療法です。これらの療法を用いて闘病生活をおくっても、思った程の効果が得られないケースも多いです。そんな骨肉腫でも、免疫療法を用いて治療にあたれば、高い治療効果が得られやすいです。

そもそも免疫療法とは?

免疫療法とは、いわゆる自身の免疫細胞を用いた療法です。一旦体外へ免疫細胞を取り出してから培養と強化をしてから体内に戻します。強化された免疫細胞の力によって、骨肉腫細胞を徐々に弱らせていけるのです。しかも、免疫療法は副作用が少なめなのが特徴。これらは、外科的な療法と化学療法と組み合わせれば、より高い治癒効果がもたらされます。

4.5世代の免疫療法

現在の免疫療法は、がん細胞の目印となる物質「がん抗原(WT1ペプチド)」、がん細胞を攻撃するための司令塔的細胞である「樹状細胞」の採取と培養技術が発達したおかげで、従来よりも高い治癒効果がもたらされるようになっています。アメリカのがん研究会議の学会誌でも高い評価を得ているので、高確率で骨肉腫の根治を目指せるのは間違いありません。

最新の免疫療法の力

骨肉腫を治すために用いられる療法でも、力が及ばない場合があります。それでも、症状を良くしたいのであれば、4.5世代の免疫療法に頼ってみるのはいかがでしょうか。自身の免疫細胞を利用した療法で、レアケースのがんに打ち勝ちましょう。

広告募集中